色才兼備の生徒会長キャラも瞬殺の閃光催眠術

ヘッダ画像
アニメや漫画、特撮の催眠顔と催眠体験について、いろいろと書いていきます。

色才兼備の生徒会長キャラは、催眠術にかかりやすい?

2015年5月3日の深夜、乃木坂工事中という番組で、乃木坂46の生田絵梨花さんと、閃光の催眠術師 十文字幻斎先生の催眠術バトルを行っていた。

 

「私、催眠術なんてかからない!」と豪語する生田絵梨花さん、対するは、あっという間に被術者を催眠状態にしてしまうスピードが持ち味というキャラになっている十文字幻斎先生。

 

乃木坂46の生田絵梨花さんは、ひとことで言えば、「色才兼備なお嬢様」、「優等生の生徒会長」といったところかもしれません。
何しろ、生まれたのがドイツで、3歳からピアノを習い始めていたとか。

 

中学では学級委員を務めたことがあるというから、生徒会長というイメージにぴったり。
その他にも、実用英語技能検定2級をはじめ、クラシックバレエを習ったり、書道を習ったりとまさに、キャラどおりの色才兼備のお嬢様です。

 

催眠術に抵抗する生徒会長タイプが催眠術にかかりメロンメロンになるというシチュエーションは、どこかテレビアニメの『会長はメイド様!』に通ずる部分があるかも。

 

まずは、生田絵梨花さんは、同じ乃木坂46のメンバーの和田まあやさんと、同期で親友の斎藤ちはるさんが十文字幻斎先生の催眠術で瞬殺され、操られるところを目の当たりにします。

 

これはよく使う手で、生田絵梨花さんが催眠術にかかりやすいか、かかりにくいかは置いておいて、目の前で催眠術にかけられていく人をみると、人は催眠術にかかりやすくなるといわれています。

 

実際に催眠術にかかりやすいAさん、普通のB君、かかりにくいCさんがいた場合、催眠術師はまずAさんにかけ、その次B君にかける。それを見ていたCさんは、本来かかりにくいにもかかわらず、いきなり椅子の背をたたかれ、「はい! もう立てない!」と言われた瞬間、椅子から立てなくなり催眠状態にはいっていってしまうということがおきます。

 

他のメンバーがかかるのを目の当たりにして、「なおさら、かからないような気がする」と強気の発現の生田さん。
椅子に座らされ、催眠がスタート。

 

3分経ってもかからなかったら、生田さんの勝ち!

 

椅子に座った生田さんの肩に手をそっと置く十文字幻斎先生。
これはスキンシップにもなるし、リラックスするのにもつながるばかりか、常に催眠術師の影響を受けやすい状態であるとイメージさせることにもつながります。
そんな状態で、生田さんの顔の前に出された、幻斎先生の指。目線より高くだされているのがポイントかも。

 

Vの字に開かれた幻斎先生の人差し指と中指を、じっと上を見るように素直にみつめる生田さん。

 

もう、勝負ありです。

 

指を見つめるのに集中し、もう指から目が離せなくなっている生田さん。ここまでたったの数秒。
幻斎先生が、催眠暗示を与えると、生田さんの目がとろんとした表情になってきました。

 

そして幻斎先生が暗示とともにVの字にした指をゆっくり下げると、それにつられるようにして生田さんの瞼がだんだん下がってきて薄目状態に。

 

すごく眠そうな催眠顔。
そのままスーッと落ちて、瞼がピターっとくっついてしまう。

 

催眠術1

 

そしてさらに、体が椅子に座った状態で前に倒れ、腕がだら~んと下にさがって、催眠術コンプリートです!
たったの22秒

 

このあとも、瞬間催眠に入れられたりですが、自分の服が透けてみえるという暗示にはかかっていませんでした。

 

瞬間催眠で再び催眠術に入れられたとき、「わかってるんだけど、かかっちゃう」というようなことを言っていました。

 

まさに、私と同じですね。

 

頭が良い、色才兼備の生徒会長タイプの人は、催眠術にかからなそうなイメージがある人もいるかもしれませんが、集中力があり、警戒心がなくなったり、一度納得してしまうと、意外とどっぷりとかかっちゃうということがあるみたいです。

inserted by FC2 system