催眠術関連書籍

ヘッダ画像
アニメや漫画、特撮の催眠顔と催眠体験について、いろいろと書いていきます。

催眠術関連書籍 人気ランキング ベスト5

エリクソン催眠を解説したビル・オハンロンの古典的名著の新装版が、満を持しての緊急刊行!
20世紀最大の心理療法家ミルトン・エリクソンの催眠療法は、これまで十分に解析・解説されていませんでした。エリクソンから直接指導を受けた数少ない心理療法家ビル・オハンロンによる解決志向催眠療法ワークショップを採録し、実技や事例を通して解説しています。

 

既に何十冊もの成功法則本や、マスメディアに対する警鐘本を著している苫米地英人氏が書かれた本で、洗脳について、「われわれの神経レベルでの情報処理・信号処理の段階に、何らかの介入的な操作を加えることによって、その人の思考、行動、感情を、思うままに制御しようとすること」を「統一的に説明するために、筋道を立てて組み立てられた知識の体系」」について述べられています。

 

人は自分が持っている能力をほとんど使わずに一生を終えてしまいます。どんな分野でも、成功している人は必ず潜在能力を活用しています。
不幸のどん底にいる人や貧乏の苦しみに耐えながら生きている人は、潜在能力の使い方を知らないだけです。
誰もが秘めたる膨大な知性と驚異的なエネルギーを所有しているのです。自己催眠は、潜在能力を引き出す技法として、自己催眠は最高のツールといえるでしょう。

 

知らないうちに親や上司などから否定的な暗示で支配されて身動きがとれなくなってしまった人たちは意外と多いと思います。
これは、ミラーニューロンを通じて脳の中を支配されてしまうためで、自分の感覚が自分のものではないと感じながらも、どうしたらいいのかわからなくなってしまっています。そんな人たちのため、心理カウンセラーである著者がその呪縛から解放されるための超簡単心理テクニックを伝授しています。

 

古くから暗示や催眠術として存在してきたマインド・コントロール。その後、心理療法として発展して、ロシア連やアメリカで行動を直接コントロールする「洗脳」技術が国家レベルで研究されていきました。現代ではあらゆる組織、家庭の中ですら、技術の応用が見られています。マインド・コントロールする側の特性、マインド・コントロールされやすい人のタイプ、その歴史、原理と応用など、「騙されたと気付かれずに騙す技術」のすべてを解説しています。

その他の催眠術関連本

 

 

 

 

 

 

 

マインドコントロール・洗脳関連書籍

 

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system