催眠術のテクニックで女性にモテるようになる裏技を大公開!

ヘッダ画像
催眠術のラポールの技術を使って、モテない男性も女性のモテるようになるとっておきの裏技を公開!

催眠術師やマジシャンはなぜ女性にモテるのか

催眠術師やマジシャンはなぜか女性にモテると言われています。
そんなことないよ! なんていう催眠術師の先生方もおられるかもしれませんが、私からしてみれば、やはりマジシャンや催眠術師の方って何か惹かれるものがあります。

 

心理学的にも、女性はサプライズやミステリアスといった雰囲気に弱く、マジシャンや催眠術師のミステリアスな雰囲気は、男性よりも自分の世界での妄想が空想が好きな女性には、いろいろな連想をさせてしまうからだと言われています。

 

そして、
「なんか、もっとミステリアスな部分を知りたい」
「マジックや催眠術など、なんか普通の人ができないことができてすごい」
「私も、マジックや催眠術の世界に引き込まれて、経験してみたい」

というようなことを思ってしまったりします。

 

そして、そのミステリアスな雰囲気ゆえに、なぜかこの人、頼れそう。。。なんて雰囲気まで感じてしまいます。

 

マジックや催眠術など、みんなができないことができて、多くの人に認められてそうと思うと、それが権威になります。
そして、もしマジックのすごいテクニックを目の前で見せられたり、実際に目の前で他の人が催眠術にかかって、気持ちよさそうに素直に言うことを聞いている姿をみると、私も頼りたい、もっとマジックがみたい、私も催眠術かかってみたいと思うようになったりします。

女性は支配されたがる動物?

これは、すべての女性にあてはまるというものはないと思いますが、私を含め多くの女性にはあてはまると思います。
昔のドイツの暴君、アドルフ・ヒトラーは、次のように言っています。

 

”女は弱い男を支配するよりも、強い男に支配されたがる。”

 

男尊女卑の暴君の暴言ととらえてしまえば、それまでなのですが、これは現代人にもあてはまる真理ともいえます。

 

それは、女性がより良質な男性の遺伝子を遺したいという本能を持っているという真理があるからです。
そして、女性は、子供を産む性であり、子供を育てる育児過程において、できるだけ不安要素を取り除いておきたいという本能を持っているものです。

 

イケメンじゃなくても、お金持ちじゃなくても大丈夫

 

この法則を考えると、イケメンやお金持ちがモテる理由も納得がいきます。

 

つまり
イケメン男がモテるのは、その遺伝子が子供にも受け継がれ、子供もモテるようになるので子孫の繁殖に困らない
お金持ち男がモテるのは、お金を持っているので、何かあっても生き残る確率が高い

 

子孫の繁栄に有利だということにつながっています。
でも、ポイントはここで、子孫の繁栄に有利、つまり強い男、頼れる男であれば、イケメンじゃなくても、お金があまりなくても、頼れる男、強い男であれば、女性はその支配下で守ってもらいたいと思うものなのです。

 

東日本大震災のあと、出生率が2倍近くに跳ね上がった真実

 

なんで、地震が起こって出生率が上がるんだろうと思うかもしれませんが、出生率が上がったということは、男性と女性が結ばれたということを意味しています。
心理学者の先生によると、この現象は、地震などの災害による恐怖に対して、身近にいる男女間に急激な『ラポール』が形成されるということらしいのです。

 

地震などの災害によって精神が不安定になると、男女問わず誰かにすがりたくなるのが人間というものです。
特に弱い女性なら尚更で、そんな女性の目の前に、もし頼れる男が居たら、女性は目の前の男性に依存します。
こうやって『ラポール』が形成されていくのですが、催眠術においても、この信頼関係ともいえるラポールがとても大切になります。

キャリアウーマンが一転、素直なM女に?

よく、会社でバリバリに働くキャリアウーマンの女性、男性に手厳しく、バンバンと命令を下しているような女性が、好きな男とベッドの上でいるときは、昼間のキャリアウーマンぶりが信じられないほど、素直に支配されたがったり、場合によってはM性丸出しになったりするということを言いますが、やはり生物学的にも、女性は男性に守ってもらいたいと心のどこかで思っているものなのでしょう。

 

そんな中、たとえ催眠術であれ、自分の体が催眠術師の思うままになってしまい、感覚や感情まで支配され、場合によっては記憶まで支配され、人格まで変えられてしまうという催眠術は、まさに催眠術という特殊能力をもった強い男性に、支配されている状態とも言えるのです。

素直に支配されたい女性ばかりじゃないんじゃない?

世の中には、強い女の人もいますし、気が強い人もいます。
こういう人たちは、他人に支配されることなど好まないでしょう。また自分で人になんか頼らなくてもしっかりやっていけるという女性も、支配を嫌ったりするでしょう。

たしかに、催眠術師の先生にも聞いたことがありますが、強くてしっかりしている女性や、気が強くて感情も安定している理知的な女性は、催眠術にはかかりにくいのです。
また、警戒感が強くてしっかりしている人もかかりにくいです。
しかし、前述したとおり、女性は子供を産んで、育てて、よりよい子孫を残すという性の特徴があり、そのことからも、心のどこかで男性に頼りたいという気持ちが少しはあるという人の確率が圧倒的に多いと言えます。

気が強くても催眠術にどっぷりかかり劇的に素直にさせられるタイプがいる

あまり言いたくないのですが、まさに私がこのタイプなのだそうです。
催眠顔

 

通常は、気が強くて、私、催眠術なんかかからないわよ!というタイプは、実際になかなか催眠術にかけるのに苦労したりするらしいのです。
とにかく、催眠術師の先生いわく、「催眠術なんかかからないわよ!」という気が強いガードから取り外していかなければならず、ここがハードルが高く、いろいろと話術やテクニックを駆使しなければいけないので大変だといいます。

 

でも、気が強くても、催眠術にかかりやすく、劇的にかわるタイプがいます。
それは、気が強くても、思い込みが激しく、すぐ感情が顔に出るような感情が不安定な人です。

 

私も周りからよくツンとしていると言われるほど気が強いほうだと思うのですが、思い込みが激しく、ちょっと何かいわれるとすぐムカっときたりして感情が不安定な人は、ちょっとした感情のスキをつかれて暗示をいれられ、思い込みの激しい部分を利用され、うまく催眠暗示でコントロールされ、催眠術師は自由に操る頼りになる強い存在なので、あなたに一生ついていきま~~~す!と思い込んでしまうのです。

 

特に、人前で行うビジュアルでみせる催眠術ショーなどでは、私みたいに、気が強くて思い込みがはげしく、ちょっとムカってきて顔に少し出ちゃうようなタイプが、格好の催眠術の餌食にされるようです。強気でツンとした状態から、すごく素直になるという激変ぶりが、やっぱりビジュアル的にはえるのでしょう。

 

しかも思い込みが激しく、妄想が好きなぶん、思いっきり深い催眠状態まで落ちてしまいます。

 

詳しいテクニックの裏技はコチラ

 

女性が素直になり依存してくる、ラポールの作り方のテクニックとは

inserted by FC2 system